絶景も堪能できる美食レストラン | 美味案内

美味案内へ
丸の内・東京メイン画像
丸の内・東京メイン画像
丸の内・東京 ♯01

絶景も堪能できる美食レストラン

オフィス街でありながら日本全国、さらには海外から多くの人が訪れ、必然的にレベルの高いお店が揃う丸の内・東京エリア。そんな「東京」を代表する美食レストランは、東京を一望できるパノラマビューや思わず息をのむ夜景など、その眺望もおもてなしのひとつとして華を添えています。

>>丸の内・東京エリアのほかの記事を見る

丸の内・東京駅 絶景レストランMap
丸の内・東京駅 絶景レストランMap

>丸の内・東京エリアのほかのお店を探す

『丸ビル』や『新丸ビル』から、『大丸東京店』などの商業施設には国内外の一流レストランが集まり、ラグジュアリーホテルも建ち並ぶ東京の玄関口。どの店も”東京”を代表するお店として、味・サービスともに高いクオリティを誇っています。

しかし、それだけではありません。このエリアは都会ならではの絶景自慢のお店がたくさんあります。高層階から見渡せるパノラマビューをはじめ、多くの列車が発着する東京駅を間近に見られたり、近隣のビル郡が煌めく夜景だったり。それぞれに趣が異なり、さらに時間帯によってもさまざまな表情を見せてくれるのです。クリスマスや忘新年会、バレンタインなどのイベントシーズンに最適ですが、一年を通して料理と眺望を堪能できる特等席を備えています。

最初にご紹介するのは、2002年に開業した『丸ビル』の最上階レストラン。地上36階の、まさに“天空レストラン”といえる、フレンチの名店『MONNALISA(モナリザ)』は、恵比寿に本店を構え、多くのグルメに愛されているお店です。ここ、丸の内店では、フランス・ブルゴーニュやパリなどで研鑽を積み、本店を経て料理長に就任した柴田シェフの技が光る料理を堪能できます。

【A】MONNALISA(モナリザ)

MONNALISA(モナリザ)

皇居方面へと広がる地上180mの絶景は、夜景はもちろんのこと、日中や夕暮れ時はまた違う美しさを見せてくれる。場所柄、いろいろなシチュエーションで利用されるので“お客さまを大事にしたフレンチ”という思いをベースに、柴田シェフならではのエッセンスが加わり、新しいフレンチが構築されている。新鮮で味のいい国産食材を使い、もっともおいしい状態で味わえるよう、丁寧な下ごしらえを施しながら、大胆かつ緻密な計算のされた料理に仕上げていく。ワインが好きなシェフだけあって、ソムリエおすすめのワインとの相性も抜群だ。

>>「MONNALISA」への行き方など詳細情報は…

【A】MONNALISA(モナリザ)
メニューはランチ・ディナーともにコースが中心で、内容はシーズンによって替わる。写真の「焼き松茸と牛フィレ うにのリゾットのコンビネーション すだちの香りで」は、日本の秋の味覚を盛り込んだ贅沢な逸品。香り高い素材を組み合わせながらも、口の中で味わいが流れるように移り変わり、繊細さが際立っている。
【A】MONNALISA(モナリザ)
【A】MONNALISA(モナリザ)

【住所】千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング36F
【電話番号】03-3240-5775

女性同士の優雅なランチ、夜景を眺めながらのロマンチックなディナーのほかにも、遠方から訪れる人、接待やレストランウェディングなど、まさに多種多様なシーンでの利用が想定されるお店。だからこその上質なサービスも魅力のひとつです。「丸ビルオープン当時は”丸ビルのフレンチ”というきっかけで来店される方も多かったですが、今は”モナリザ”を目指してリピートされる方が増えていますね」と柴田シェフ。料理、サービス、立地…どれをとっても”極上”と呼ぶにふさわしい一軒として確立しています。

高層階に14店、5・6階には21店の眺望レストランがある『丸ビル』や、『新丸ビル』、『丸の内オアゾ』など商業施設のほかにも、『大手町ファーストスクエア』の23階、『アーバンネット大手町ビル』21階など、オフィス街には隠れた絶景レストランがまだまだ存在します。

さて、次は東京駅を挟んで八重洲側へ。『フォーシーズンズ丸の内』や『シャングリ・ラ東京』などのラグジュアリーホテルも開業しましたが、昔から愛され続けている老舗の味をリーズナブルに楽しめるお店も見逃せません。『八重洲富士屋ホテル』2階の『Wisteria(ウイステリア)』 は外堀通りに面して、カウンター席も用意。間近に迫る夜景を見上げるのもまた格別。ひとりでゆったりと過ごせる心遣いがうれしいダイニングバーです。

【B】Wisteria(ウイステリア)

Wisteria(ウイステリア)閉店

大きく取られた窓から線路向こうの『東京国際フォーラム』や『TOKIA』の煌めく光を眺めつつ、ゆったりと食事を楽しめる。また、昼間の眺望も人気で、東京駅を発着する新幹線を楽しみに来店する家族連れも多いとか。料理は老舗ホテル箱根『富士屋ホテル』の伝統を受け継ぐ洋食が中心。名店の味わいを求めて来店する人も多く、それゆえに安定したおいしさを保ち、期待を裏切らないよう心がけている。

【B】Wisteria(ウイステリア)
12月から2月末までの「本格チーズフォンデュコース」 (注文は2名から)。エメンタールチーズとグリュイエールチーズに、白ワイン、シェリー酒で作るチーズフォンデュ。深いコクとなめらかな口当たりに、毎年楽しみにしている人もいるという、冬の風物詩。オードブルブッフェやデザート、コーヒーも付いて、1人3800円という良心的な価格もうれしい。
【B】Wisteria(ウイステリア)
【B】Wisteria(ウイステリア)

【住所】中央区八重洲2-9-1 八重洲富士屋ホテル2F
【電話番号】03-3273-0224

季節ごとのフェアを行っているのも、ホテルダイニングならでは。また、店内にはワインセラーがあり、約100種のワインが揃っていますが、特筆すべきはワインサーバーを備えているので、24種ものグラスワインをいただけること。カウンターでワインとアラカルトメニューを楽しむ大人遣いもおすすめです。

季節は冬。空気が澄み切って遠くまできれいに見渡せる時季です。また、クリスマスからバレンタインにかけてのイベントシーズンでもあるので、いつも以上に輝くイルミネーションがいっそう華やかでロマンチックな雰囲気に。ここぞという勝負レストランとしても、ぜひ予約して出かけてみませんか。



丸の内・東京エリアのほかのお店を探す

丸の内 絶景レストランリスト

(アジアンキュイジーヌ)
“神秘の国々アジア”がテーマのレストラン
タイ、ベトナム、インドネシア、中華などをベースに、多彩なアレンジを加えたインターナショナル・アジアン・キュイジーヌを楽しめるダイニング。開放感溢れる店内でリゾート気分を満喫したい。
【住所】千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング5F
【電話番号】03-5220-2011
【定休日】無休(丸ビルに準ずる)
【営業時間】11:00~16:30、 17:30~23:30(L.O.22:30)/日祝11:00~16:30、17:00~22:00(L.O.21:00)
地図・ルート案内はこちら

CITA・CITA

(タイ料理)
現地そのままの本格的なタイ料理
本場バンコクで腕を振るっていた料理長が手がける伝統的なタイ料理は、現地から取り寄せた食材やハーブを使うこだわりの味わい。スパイスの効いたグリーンカレーは絶品との呼び声も高い。
【住所】千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング6F
【電話番号】03-5224-8050
【定休日】無休(新丸ビルに準ずる)
【営業時間】11:00~15:30(L.O.14:30)、17:00~23:00(L.O.22:00)/土日祝11:00~16:00(L.O.15:00)、17:00~22:00(L.O.21:00)
地図・ルート案内はこちら

サイアムヘリテイジ東京
【E】

遊牧 韓国料理 菜家 新丸ビル店

閉店

(焼肉)
贅沢な空間で最高級の米沢牛を堪能
広々とした店内は、異国情緒漂う雰囲気。窓からは東京駅が一望できるという最高のロケーションが自慢。A5ランクの山形牛を一頭をセリで落とすため、リーズナブルに最高級焼肉を堪能できる。
【住所】千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング5F
【電話番号】03-6250-1129
【定休日】無休(新丸ビルに準ずる)
【営業時間】ランチ11:30~14:30、ディナー17:00~4:00

遊牧 韓国料理 菜家 新丸ビル店
【F】

igrek MARUNOUCHI

閉店

(フレンチ)
大きな窓からの景色を楽しめるフレンチ
「神戸北野ホテル」のフレンチやダイニングカフェを手がける総料理長の山口氏の東京初店舗。ホテルならではの上質な料理と一流のサービスを堪能できるスタイリッシュなフレンチダイニング。
【住所】千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング5F
【電話番号】03-3211-1909
【定休日】無休(新丸ビルに準ずる)
【営業時間】11:00~16:00(L.O.14:30)、17:30~23:00(L.O.22:00)

【G】

東京ジョンブル

閉店

(ダイニングバー)
伝統フレンチを裏打ち、地上100mの絶景
大正13年創業の丸ノ内ホテル直営レストラン。伝統が息づくこの店の自慢料理は、一流店で修業を積んだシェフが奏でるオリジナルフレンチ。さまざまなシーンに応じて利用したい。
【住所】千代田区大手町2-6-1 朝日東海ビル28F
【電話番号】03-3242-3451
【定休日】土日祝
【営業時間】11:30~14:00、17:00~21:00

東京ジョンブル

(フレンチ)
季節を盛り込んだ正統派フレンチを
「東京曾館」の正統派フレンチを味わえるレストラン。モダンな印象の店内は名画が飾られ、21階からの眺望とともに優雅なひとときを満喫できる。接待やビジネスランチにもおすすめ。
【住所】千代田区大手町2-2-2 アーバンネット大手町ビル21F LEVEL XXI
【電話番号】03-5255-1519
【定休日】土日祝
【営業時間】11:30~14:00/17:00~22:00(L.O 21:00)
地図・ルート案内はこちら

ベラージュ

撮影:山村佳人  取材・文:伊勢嶋暢子(編集部)
このページのデータは2010年12月10日現在のものです。



丸の内・東京エリアのおすすめ記事
丸の内・東京
この街のおいしい手土産

「丸の内・東京」のおいしい手土産

日本の玄関口のひとつ、丸の内・東京には、日本中のおいしいものが集結。その中から選りすぐった逸品をご紹介。おもたせの代表格・老舗の羊羹、東京育ちのかわいいスイーツ、有名ショコラティエによる繊細で優雅なショコラなど、誰からも喜ばれる手土産が揃いました。

丸の内・東京 ♯05

東京を代表するオフィス街でもある東京駅周辺。大規模な再開発による新スポットが次々と登場していますが、一方では庶民的な居酒屋や麻雀荘、喫茶店も多く、サラリーマンの街としての顔も健在。そこで、東京駅八重洲口エリアを中心に、この街で働く人たちが太鼓判を押すイチ押しのお店を訪れてみました。

丸の内・東京 ♯04

街中がクリスマスカラーに彩られる、一年でもっともロマンチックな季節。「丸の内イルミネーション」や「ミチテラス」などのイベントが行われる、丸の内エリアのイルミネーションが見えるレストランや、イルミネーションの前後に立ち寄りたいお店をご紹介。華やかにきらめく無数の光が、心に残るひとときを演出してくれます。

丸の内・東京 ♯03

“ビジネス街”から“流行発信地”へ、急速に変化を遂げている丸の内・東京エリア。話題のカフェやレストランも続々オープンし、これまでよりもさらにたくさんの飲食店が軒を連ねるようになりました。そこで今回は、丸の内、八重洲、京橋のエリアで、特に人気の高い“路地裏のランチの名店”をピックアップ。通好みの“おいしい味わい”をご紹介します。

丸の内・東京 ♯02

スーツ姿のビジネスマンたちが闊歩する…そんなイメージが強い丸の内エリア。今回は、丸の内のビジネスウーマンたちを癒す、おすすめのお店をピックアップ。野菜も食べたいけど、お肉も大好き! お酒もスイーツも楽しみたい…。そんな欲張りな願いを叶える、大人の女子会にぴったりのお店を探しました!


丸の内・東京エリアのほかのお店を探す


新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.