個性的なお店がいっぱい! ハシゴしたい素敵カフェ | 美味案内

美味案内へ
高円寺・阿佐ヶ谷メイン画像
高円寺・阿佐ヶ谷メイン画像
高円寺・阿佐ヶ谷 ♯02

個性的なお店がいっぱい! ハシゴしたい素敵カフェ

カフェの多い街として人気急上昇なのが高円寺・阿佐ヶ谷。もともと個性豊かなお店が集まっているエリアだから、もちろんカフェも多種多様。商店街の2階や住宅地の片隅など、歩けば歩くほど、どんどん見つかります。ハシゴしてでも訪れたくなる魅力的なお店もたくさんありました。


高円寺・阿佐ヶ谷カフェ Map
高円寺・阿佐ヶ谷カフェMAP

ちょっと前までは、カフェといえば青山や代官山といったイメージがありましたが、いま注目されているのは中央線沿線。なかでも高円寺・阿佐ヶ谷エリアには、ここ数年で驚くほどのカフェが誕生しています。都内近郊のみならず、週末ともなると全国のカフェ好きが集まるほどなのです。

ひとことでカフェといっても、そのジャンルはさまざま。コーヒー・紅茶の専門店、食事の充実しているカフェダイニング、アルコールも楽しめるカフェ&バー。ひとりでも、友だちとでも、ランチやティータイム、夜カフェなど、いろいろなシチュエーションによって使い分けることができるほど、さまざまなタイプのお店が誕生しています。

まずは2009年4月にオープンした『Baby King Kitchen』へ。こちらのカフェは大人も食べられる「お子様ランチ」が人気のお店。もちろんコドモ心もがっちり掴んでます。スプーンが飾られた小さな看板を見逃さないで。

【A】Baby King Kitchen

Baby King Kitchen

かわいらしいイラストが描かれた階段を上がると、陽光の差し込む明るい空間が広がる。打ちっぱなしのコンクリートを白く塗った壁に、異なるタイプのソファ。大人っぽい雰囲気のなかに、コドモが遊ぶスペースや飾られたぬいぐるみが違和感なくまとまっていて、大人もコドモもくつろげる。人気の「お子様ランチ」は、「自分たちが食べたいものを詰め込んだらお子様ランチになりました」という思いの詰まった一皿。ほかに「お姫様ランチ」もあり、いずれは「王様ランチ」も登場予定とか!

【A】Baby King Kitchen
「お子様ランチ」1100円。旗のたったチキンライス、目玉焼きのせハンバーグにスパゲティ、エビフライ、ポテト…そしてプリン!と、まさにお子様ランチだけど、実は大人も食べたい洋食のワンプレート。ひとつひとつ丁寧に作られているのがはっきりとわかる味わい。味のバランスにこだわったというように、それぞれのソースや具材の味がケンカせず、仲良く同居。おまけの缶バッジも貰えると至れり尽くせり
【A】Baby King Kitchen
【A】Baby King Kitchen

【住所】杉並区高円寺北3-2-15 珍来ビル2F
【電話番号】03-5356-9960

ご近所のコドモ連れママさんやファミリーはもちろんのこと、週末にはなんと全国各地からお客さんが訪れるとか。決して“大人向けのお子様ランチ”にとどまらず、幅広い層できちんと楽しめるようになっているのがポイント。ほかにも細部にまでこだわりが…来店してからのお楽しみに。

さて、次は昼下がりに訪れたいカフェへ。高円寺南口から3分ほど、「パル商店街」から少し離れたところにある建物に深緑の看板を見つけてください。その名も『アール座 読書館』。余計なものはいらないけど、素敵な要素はたくさん詰め込まれた“読書を楽しむため”のお店が2007年にひっそりオープンしました。

【B】アール座 読書館

アール座 読書館

扉を開けて、一瞬その静寂に驚くほど。なぜならこの店は“おしゃべりは禁止”。自然光が溢れる店内には、木々の緑が涼しげ。コンセプトの“森の中で本を読む”がそのまま再現されている。「せわしない日常の中で、気を抜いてゆっくりできる空間を作りたかった」と語る店長の渡辺氏。さまざまなジャンルの本が並び、それぞれの席には水槽があったり、引き出しの中にはなんとジオラマ!と細やかな工夫が施されていたり。それも個人の空間として楽しめるように、との配慮から。時間の流れを忘れて、自分のためのだけの時間を過ごす、簡単なようで難しいことを提供してくれる貴重な一軒。

【B】アール座 読書館
渡辺氏の趣味で集められたというグラスやコーヒーカップは一客ごとに異なり、なかにはアンティークものも。メニューはドリンクがほとんどで、オーソドックスなコーヒーや紅茶から、ちょっと変わったエスニックテイストのものまで多様。クッキーやブラウニーなどとともに楽しんで
【B】アール座 読書館
【B】アール座 読書館

【住所】杉並区高円寺南3-57-6 2F
【電話番号】03-3312-7941

こちらも週末にはエリア外からのお客さんも多くなってきたという、知る人ぞ知る名店に。一度でもこの雰囲気に触れてみれば、たちまちトリコになってしまいます。

高円寺カフェの代名詞といえる『Planet 3rd』が登場したのが2002年。そのころから高円寺南口エリアを中心にカフェが増えはじめ、いまではオシャレな店も多くなりました。街そのものもどこか洗練されてきたような感じも見受けられますが、やはり変わらない空気をもつお店も健在。そこが、この街の居心地のいいところなのでしょう。『cafe garage Dogberry』は、12年前にオープンしたという先駆け的存在。(あー、高円寺ってこういう雰囲気だったな~)と思わせる、“らしさ”が伝わる一軒です。

【C】cafe garage Dogberry

cafe garage Dogberry

純情商店街から1本西へ入った通りの2階にあるこの店は、“カフェ”というより“ダイニングカフェ”。ほどよく落ち着けるほの暗い店内には、テイストの異なる布が下げられていたり、ギターが飾られていたりと、高円寺らしい退廃的なムードが漂う。よく馴染むソファに腰を下ろしたら、ずっとこのまま座っていたくなってしまう居心地の良さが特徴。小上がり席があったり、カードゲームなども用意されているので、ゆったりと過ごす人が多いとか。メニューが豊富なので食堂感覚のダイニングバー使いや、豊富なアルコールを目当てに2軒目として朝まで利用しても。

【C】cafe garage Dogberry
ランチメニュー「日替りDELIデリプレート」ドリンク付き890円。20品目摂取できるように考えられているという心遣いもうれしい。ほかにもサラダプレートなどもあり。好奇心のままに新メニューが増え、ヴィーガンメニューも登場している。ほかにも個性的なオリジナルカクテルやスイーツなども充実している
【C】cafe garage Dogberry
【C】cafe garage Dogberry

【住所】杉並区高円寺北3-24-6 フォーラム高円寺2F
【電話番号】03-3337-1651

今回訪れた3店は高円寺のお店ですが、阿佐ヶ谷はもちろん、新高円寺・南阿佐ヶ谷とその勢いは確実に広がりつつあります。一度住んだら離れられなくなると住人が口をそろえる街。商店街の奥や住宅地の片隅に、本を片手にハシゴしたくなるカフェがまた一軒。今後も注目度大です。

高円寺・阿佐ヶ谷カフェリスト

身体に優しくおいしいヴィーガンカフェ
今年2月にオープン。旬の野菜・穀物など植物性の材料のみを使用した料理を提供するヴィーガンカフェ。野菜のおいしさをそのまま楽しめる料理やスイーツが幅広い層から人気。
【住所】杉並区高円寺南3-45-11 2F
【電話番号】03-5929-9422
【定休日】不定休
【営業時間】18:00~23:30/木~日12:00~23:30
地図・ルート案内はこちら

meu nota

高円寺カフェの先駆者が復活!
人気カフェが今年2月に復活オープン。店内は60s 70sを思わせるインテリアで、愛犬と一緒に過ごせるテラス席も併設。カフェごはんやアルコールも豊富で、男女を問わず賑わっている。
【住所】杉並区高円寺南2-49-18 ベルメゾン高円寺 1F
【電話番号】03-3318-3931
【定休日】無休
【営業時間】12:00~25:00/日祝12:00~24:00
地図・ルート案内はこちら

Planet 3rd

穏やかな気分で過ごせるカフェと器のお店
木の温もりが感じられる店内と、窓から差し込む光がゆったりとした気分にさせてくれるカフェ。器の販売もしているので、お茶をしながらじっくり吟味してお気に入りを見つけよう。
【住所】杉並区阿佐谷北1-3-6
【電話番号】03-3330-8807
【定休日】木・日
【営業時間】11:30~19:00
地図・ルート案内はこちら

ひねもすのたり

新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.