ご近所気分が楽しい! おいしい飲食店めぐり | 美味案内

美味案内へ
高円寺・阿佐ヶ谷メイン画像
高円寺・阿佐ヶ谷メイン画像
高円寺・阿佐ヶ谷 ♯01

ご近所気分が楽しい! おいしい飲食店めぐり

知っているようで知らない高円寺・阿佐ヶ谷のこと。サブカルな話題が先行しがちですが、実は古本屋巡りや、文豪の愛した街を散策するご年配の方も多くいらっしゃいます。そこで今回は、幅広い年齢層に親しまれている人気のおいしい飲食店をご紹介。有名な老舗喫茶から行列のできる餃子店まで、地元で愛されているお店をめぐってきました。



地元で人気のおいしい飲食店Map
地元で人気のおいしい飲食店Map

タイ、インド、ベトナム、トルコ、ネパール、ペルシャ…などなど。たくさんのエスニック料理店が立ち並ぶ高円寺・阿佐ヶ谷。アジアを中心とした世界の料理が味わえるのも、このエリアの特徴です。アジアンチックな音楽とともに、スパイシーな香りが漂ってくるエスニック料理店。近くを通るだけで無性に食べたくなってきませんか?

というわけで、まずは高円寺のベトナム料理店『チョップスティックス』を訪問。『大一市場内』という横丁チックな場所柄、その雰囲気は“ベトナム”そのもの。異国情緒あふれる一角で、とってもアジアンな料理をゆっくり堪能してください。

【A】チョップスティックス

チョップスティックス

日本初の生麺フォーをつくったことでも有名な『チョップスティックス』。ちなみに生麺フォーの原料は日本米。「世界で一番うまい日本の米を使って、世界で一番うまい米麺をつくりたい」というオーナーの願いによって生まれたフォーは、コシのあるもちもちとした食感と、つるりとしたのどごしが自慢。今年からは、細麺の生ブンもメニューとして追加。大山地鶏と香味野菜を使った無添加・極上スープとともに味わってみてはいかが?

【A】チョップスティックス
とってもアジアンな店内。左は日本初の生麺フォーを使った「牛肉とトマトのフォー」780円。右下はベトナムの屋台で食べる味わいさながらのサイゴン名物「バインセオ(小/1~2人前)」680円。米粉とココナッツミルクでつくるベトナム風お好み焼き
【A】チョップスティックス
【A】チョップスティックス

【住所】杉並区高円寺北3-22-8 大一市場内
【電話番号】03-3330-3992

高円寺を歩いていると、ちょくちょく見かける“ミュージシャン系の人たち”。もともとライブハウスが多いこのエリアは、一流アーティストからインディーズバンドまで、さまざまなミュージシャンが集まってくることでも知られています。さらに、その音楽を聴きにくる“耳の肥えた”ファンも多いため、別名“音楽界の登竜門”とも呼ばれているそうです。ちなみに、『教授』も家族で高円寺に住んでいたそうですよ。

そんな音楽つながりでお伺いしたのは、あの『清志郎さん』が生前に通われていたという『七つ森』。創業34年の喫茶店は、老若男女問わず、誰もが親しみを感じるノスタルジックな雰囲気。老舗ならではの趣ある空間で、スローな時間を楽しんでみてはいかが?

【B】七つ森

七つ森(ナナツモリ)

「都会のオアシスをイメージしてつくった」という『七つ森』。その店名は宮沢賢治氏に由来するそう。そもそも『七つ森』は、岩手県にある山の総称。作品『春と修羅』『注文の多い料理店』などでも登場するので知っている人も多いのでは? そんな子どものころの懐かしさを感じられる店内では、昔から親しまれている人気のカレーやパスタから、新しいラインナップのデザートまで、いつでもやさしい手づくりの味わいが楽しめる。

【B】七つ森
料理は開店当時からすべて自家製。左は人気の「オムごはん(スープ、サラダつき)」1085円。右下は定番メニューの「カスタードプリン(コーヒーつき)」945円。端数のおつりで来る「5円玉」に、リボンが結んであるという、ちょっとした洒落っ気がかわいい
【B】七つ森
【B】七つ森

【住所】杉並区高円寺南2-20-20
【電話番号】03-3318-1393

ここ最近、高円寺・阿佐ヶ谷で注目を集めている料理があります。それは餃子! 一時期のラーメンブームより人気になっているようです。本来餃子は、お酒にも、ご飯にもピッタリの日本人が大好きなメニューのひとつ。さらに、これまでのような‘サイドメニュー’的な存在ではなく、本場の味にこだわった専門店が増えたことで、純粋に餃子を楽しむ人たちも増えているそうです。

最後に訪問したのは、激戦区の中でも、かなり個性的ともいえる『餃子坊 豚八戒』。家庭的なたたずまいのお店でいただく餃子は、どれも絶品。水餃子から焼餃子まで、旨味たっぷりの肉汁とともに、おいしくいただいてください。

【C】餃子坊 豚八戒

餃子坊 豚八戒

とっても気さくな日本人のご主人と、ハルピン出身のキレイな奥様の2人で切り盛りしているアットホームなお店。小さい店舗ながら、その味わいは超本格派。皮のモチモチ感がおいしい水餃子や、パリパリ感がたまらない羽根付餃子など、食事としてはもちろん、お酒のお供にも最適。ちなみに仕込みは、毎日お昼ごろから開店まで約6時間みっちり行っているとのこと。そんな贅沢な味わいの餃子の数々を、ぜひご堪能あれ。

【C】餃子坊 豚八戒
異国情緒あふれるオリエンタルな店内。左はピリ辛なタレが食欲をそそる「四川風麻辣餃子」500円。写真右下は9種類のスパイスが入っている「華餃子(羽根付焼餃子)」540円。4名以上の団体で予約すれば、2階のお座敷も利用可。詳しくは問合せを。
【C】餃子坊 豚八戒
【C】餃子坊 豚八戒

【住所】杉並区阿佐谷南3-37-5
【電話番号】03-3398-5527

たくさんの文化が入り混じり、混沌とした街並みをつくりあげている高円寺・阿佐ヶ谷。それだけ飲食店探しの選択肢があり、同じくらい食べる楽しみがあるともいえます。そもそも食べものひとつで、こんなにジャンルがそろっているエリアはそんなに無いです。

まだまだ知らないことが、いっぱいある高円寺・阿佐ヶ谷。ここには未知なる味わいが多く眠っている気さえしてきます。みなさんも“まだ知られていない、自分だけのおいしさ”を探しに、このエリアを訪れてみませんか? きっと素敵な出合いが見つかりますよ!

地元で人気の飲食店リスト

ひとりで気軽に立寄れるタイ料理店
‘タイの唐辛子’という名の『ピッキーヌ』。チェンマイ名物のカオソーイをはじめ、トムヤムクンやグリーンカレーなど本格的なタイ料理を、家庭的な雰囲気の中で味わえる。
【住所】杉並区阿佐谷北2-9-5 2F
【電話番号】03-3336-6414
【定休日】火
【営業時間】11:00~15:00、17:00~23:00
地図・ルート案内はこちら

ピッキーヌ

リーズナブルなタイ屋台料理を堪能
まるでタイの路地裏にいるかのような雑多な雰囲気が魅力のお店。オープンキッチンからはタイ出身のシェフが腕を振るう姿も見られる。100種以上も揃うメニューはどれも本格的。
【住所】杉並区阿佐谷南3-37-6 ミヤコビル1F
【電話番号】03-6768-1199
【定休日】月
【営業時間】17:00~1:00/土日12:00~1:00
地図・ルート案内はこちら

タイ屋台居酒屋ダオタイ

すべてが‘パンダ’のかわいらしいカフェ
パンダの絵がかわいいグラスはもちろん、パンダが描かれたラテやオムライス、クッキーなど、パンダづくしのメニューがいっぱい。パンダに癒されてみてはいかが?
【住所】杉並区阿佐ヶ谷南3-31-14 戸門中杉ビル2F
【電話番号】03-3393-5077
【定休日】水
【営業時間】11:00~21:00/土日祝11:00~19:00
地図・ルート案内はこちら

ぱんだ珈琲店

鉄の鍋で焼いた博多・祇園の有名餃子
九州博多で有名な「博多祇園鉄なべ」が唯一のれん分けした東京のお店。鉄なべにのった具がたっぷりの餃子は、いつまでも熱々で、パリッとした歯ごたえが嬉しい。
【住所】杉並区梅里2-40-16 ビラージュ白井ビル
【電話番号】03-3318-2316
【定休日】木・祝
【営業時間】17:30~24:00(L.O.23:30)
地図・ルート案内はこちら

博多鉄なべ餃子なかよし

ちょっとピリ辛の酢味噌で食べる餃子
「お味噌3:お酢2:おしょうゆ少々」でつくる「オススメ味噌だれ」は、試してみる価値あり。お肉が多めのスパイシーな餃子は、ニンニク入りと無しがあるので女性にも是非。
【住所】杉並区高円寺南4-28-10
【電話番号】03-5305-3085
【定休日】無休
【営業時間】12:00~14:00、18:00~22:30
地図・ルート案内はこちら

丸山餃子製作所

新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.