正月もおいしく営業中! ご利益いっぱいの初詣グルメ | 美味案内

美味案内へ
神楽坂メイン画像
神楽坂メイン画像
神楽坂 ♯04

正月もおいしく営業中! ご利益いっぱいの初詣グルメ

新春の初詣はどこに行きますか? 明治神宮? 成田山? 川崎大師? 定番スポットも良いけれど、実は東京の中心・神楽坂界隈には、ご利益いっぱいの社寺がたくさんあります。しかも、ここは都内屈指の美味エリア。今年の正月は初詣グルメで、元旦から“おいしく祈願”してみてはいかがでしょう。

>>神楽坂エリアのほかの記事を見る

「東京のお伊勢さま」として知られる『東京大神宮』。
今さら説明するまでもありませんが、ご存知の通り「縁結び」で有名な神社です。

昼も、夜も、休日も、平日も、雨の日も、風の日も…いつもお参りの人がいます。特に初詣の時季は大賑わい。もちろん「伊勢神宮は、ちょっと遠くて…」という人もいらっしゃると思いますが、やっぱり「恋愛成就を祈願して…」な人が一番多いのではないでしょうか。

最初に訪れたお店は『東京大神宮』から徒歩4分ほどのところにある『ラ・コリンヌ』。7年連続で「ミシュランガイド・ホテル部門」の高評価を受ける『アグネスホテル東京』のメインダイニングです。

【A】ラ・コリンヌ

ラ・コリンヌ(La Colline)

フランス語で「丘」を意味する『ラ・コリンヌ』。その名の通り、神楽坂の小高い丘にあるレストランは、南仏のオーベルジュのような雰囲気。街の喧騒から隔たれた静かな空間では、ブレックファストからランチ、ディナーまで、シェフ渾身の本格的なフレンチをカジュアルに楽しむことができる。全国各地から取り寄せる旬の食材が魅せる美味の饗宴。1年の始まりにぴったりな至福の時間を満喫してみてはいかが。

>>「ラ・コリンヌ」への行き方など詳細情報は…

【A】ラ・コリンヌ
メインの「魚料理」と、美しい彩りの「前菜」は、人気のランチメニュー「Menu La Colline」3000円(仕入れによって料理は異なります)。クラシカルなフレンチをベースに野菜をふんだんに用いた料理は、女性にうれしい逸品揃い
【A】ラ・コリンヌ
【A】ラ・コリンヌ

【住所】新宿区神楽坂2-20-1 アグネス ホテル アンド アパートメンツ 東京 2F
【電話番号】03-3267-5632

神楽坂の真ん中にある寺社は「神楽坂の毘沙門さん」の名で知られる『善国寺』。
開運厄除けの福運を授けてくださる「毘沙門天」が祭られています。

そもそも「毘沙門天」とは、七福神のうちの一神。財宝富貴をもたらしてくれる「施財天」ともいわれています。また寅の年、寅の月、寅の日、寅の刻に「毘沙門天」がこの世にお出ましになったことから、寅毘沙と呼ばれているそうです。ちなみに境内には「狛犬」ではなく、「狛虎」が鎮座しているので、ぜひご覧ください。

次に伺ったお店は、『善国寺』の裏手にある『東白庵 かりべ』。半径500メートル圏内に、そばを提供するお店が52軒もある激戦区の神楽坂。そのなかでも、知る人ぞ知る“通”の名店です。

【B】東白庵 かりべ

東白庵 かりべ 閉店

名店『竹やぶ』で研鑽を積んだ店主のモットーは「毎日食べたいそば」。新潟県塩沢産と長野県黒姫産のそばを配合し、自家製粉して打つせいろは、風味豊かで、のど越しもなめらか。カツオの香る上品なツユが、さらにおいしさを引き立てる。また「お酒が大好き」というだけあって「そば前」はもちろん、酒肴も多く揃える。年越しそばを食べてしまった人も、神楽坂に立ち寄ったならば、ぜひ訪れたい一軒だ。

>>「東白庵 かりべ」への行き方など詳細情報は…

【B】東白庵 かりべ
「せいろそば」1000円。自分の味を作るべく、試行錯誤の末に辿り着いたツユは『竹やぶ』時代のもの。「原点が一番でした」と笑顔で話す。「天ぬき」1600円には、エビがたっぷり。ツユをかけたときのジュワーッという音がたまらない 
【B】東白庵 かりべ
【B】東白庵 かりべ

【住所】新宿区若宮町11-7
【電話番号】03-6317-0951

お店の詳しい情報はこちら
地図・ルート案内はこちら
神楽坂駅近くにある寺社は、700年もの長い歴史を誇る牛込の総鎮守『赤城神社』。
「日枝神社」「神田明神」と並び「江戸の三社」と称される寺社としても有名です。

近年建て替えたばかりのきれいな寺院は「グッドデザイン賞」も受賞。境内にはカフェも併設され、横にはマンションもあります。時代とともに、そして人々のライフスタイルととともに変化していく建造物を始め、近未来的にデフォルメされた個性的な狛犬など、若い人でも気軽に立ち寄れる雰囲気が人気です。

最後に訪れたのは、『赤城神社』から飯田橋へ向かう道すがらにある『神楽坂 スタジオーネ』。人気のテラス席からは神楽坂の街並みを見渡すことができます。

【C】神楽坂 スタジオーネ

神楽坂 スタジオーネ(KAGURAZAKA STAGIONE)

かくれんぼ横丁の路地にある冠木門。鯉の泳ぐ小さな庭園を抜けて5階に上がると、そこにはモダンスタイルのイタリアンが広がっている。本場ナポリから輸入した薪窯をオープンキッチンに設置。ガラス張りのワインセラーには100種以上を貯蔵する。なかでも一番の自慢は全天候型のバルコニー席と、屋上のテラス席。街の静まる正月ならではの澄んだ景色や星空を眺めながら、おいしいひと時を楽しみたい。

>>「神楽坂 スタジオーネ」への行き方など詳細情報は…

【C】神楽坂 スタジオーネ
ランチはコース3種。ディナーはコースのほかにアラカルトメニューも用意。“しっかり本格イタリアンを楽しむ”も良し、“2軒目としてワインとタパスだけで過ごす”も良しと、シーンに合わせて使い分けられるのがうれしい
【C】神楽坂 スタジオーネ
【C】神楽坂 スタジオーネ

【住所】新宿区神楽坂3-1 クレール神楽坂III5F
【電話番号】03-6457-5330

『東京大神宮』『善国寺』『赤城神社』以外にも、まだまだたくさんの寺社が神楽坂にはあります。
お薬師さんの『安養寺』、回遊式庭園のある『濟松寺』、新宿区内最古の石造鳥居を持つ『筑土八幡神社』など、初詣に限らず、いろいろご利益巡りしてみるのもおすすめです。

歩き疲れても、この街にはおいしいお店がいっぱいあるから大丈夫。
早速、古くから続く街並みと、現代の雰囲気を楽しみに、出掛けてみてはいかがでしょう。



神楽坂エリアのほかのお店を探す

おいしい初詣リスト

路地裏にひっそり佇む隠れ家的な和食店
旧料亭の風情をそのまま残した一軒家のお店。石畳の小路と、行灯に照らされる趣のある黒板塀。さらに店内には庭を眺めながら食事をできる座敷もあるなど、和の情緒溢れる雰囲気が魅力的だ。
【住所】新宿区神楽坂4-8
【電話番号】03-3269-0779
【定休日】無休
【営業時間】11:30~15:00(L.O.14:00)、17:30~23:00(L.O.22:00)
地図・ルート案内はこちら

神楽坂 おいしんぼ

純和風家屋の地下にあるシャンパンバー
日本料理『加賀生麩割烹 神楽坂 前田』の地階にあるお店。バーでありながら、上階の懐石料理をコースやアラカルトで楽しむことができる。四季折々の味わいとともに、最高のマリアージュを体験したい。
【住所】新宿区神楽坂3-6-B1
【電話番号】03-6457-5021
【定休日】日夜(日が祝日の場合は祝日明け休)
【営業時間】11:30~17:00 17:30~翌4:30/土祝11:30~17:00 17:30~翌4:30/日11:30~17:00
地図・ルート案内はこちら

カグラザカ マエダ レスキャリエ

おいしいワインとイタリアンをリーズナブルに
『善国寺』の目の前にあるお店。タパス類は500円くらいから、ボトルも1000円で飲めるなど、コストパフォーマンスの高さが評判。カジュアルな造りのインテリアは「酒場」と呼ぶに相応しい雰囲気を醸し出している。
【住所】新宿区神楽坂4-2-1 嶋田ビルB1・1F
【電話番号】03-6265-0398
【定休日】無休
【営業時間】17:00~翌3:00/金祝前17:00~翌3:00/日祝12:00~23:00
地図・ルート案内はこちら

神楽坂 ワヰン 酒場

フルーツで話題のかわいい一軒家イタリアン
本格的なイタリア料理に、季節のフルーツをふんだんに用いたやさしい味わいが女性に大人気。見た目も楽しく、風味も豊か。果物好きな人はもちろん、かつてない斬新なメニューの数々は“食べてみる価値アリ”といえるだろう。
【住所】新宿区神楽坂6-8-18
【電話番号】03-6280-8002
【定休日】無休
【営業時間11:30~15:00(L.O.14:00)、17:30~23:30(L.O.22:00)/土日祝11:30~16:00(L.O.15:00)、17:00~23:30(L.O.22:00)
地図・ルート案内はこちら

エノテカ フルッテリア スタジオーネ フルッティフィカーレ

撮影:鈴木智哉  取材・文:平林善行(編集部)
このページのデータは2013年12月26日現在のものです。



神楽坂エリアのおすすめ記事
神楽坂
この街のおいしい手土産

「神楽坂」のおいしい手土産

行例のできるお肉屋さんの人気メニュー、神楽坂の「粋」を今に伝える老舗甘味処、ジェラテリアの看板を唯一掲げるショコラの名店など、神楽坂の逸品をご紹介。友人、先輩、上司への手土産はもちろん、神楽坂散策の「お供」としても楽しめるおすすめのひと品をご案内します。

神楽坂 ♯04

神楽坂というと、和食とフレンチばかり注目されますが、実はイタリアンやチャイニーズなど各国のおいしいレストランもたくさん揃っているのです。そこで今回は神楽坂散策にぴったりの「和・仏以外のランチの名店」をピックアップ。歩き回ってお腹がペコペコになったら、早速食べに行きましょう。

神楽坂 ♯03

「一見さんお断り」のお店に行ったことはありますか?「行きたいけど、機会が無いから入れない」という人たちが、ほとんどではないでしょうか。そもそも「一見さんお断り」のお店というのは見た目だけで判断しづらいもの。そこで今回は「一見さんお断り」的なお店にアタック。その結果をレポートしました。

神楽坂 ♯02

東京の“プチ・パリ”とも呼ばれる神楽坂は、フレンチレストランの宝庫。フランス人も認める、本場そのままの雰囲気や料理があふれています。コストパフォーマンスの良さも都内随一!30軒以上もあるといわれるなかから、人気の3店をご紹介しましょう。

神楽坂 ♯01

細い路地が迷路のように行き交う神楽坂は散策にぴったりの街。通りを歩けば、民家からふと三味線の音が聞こえてきたり、芸者さんとすれ違ったりと、私たちが普段の暮らしで忘れかけている和の文化に思いがけず出会えることも少なくありません。そんな、神楽坂ならではの魅力に触れられる、古民家カフェや日本料理店をご紹介。


神楽坂エリアのほかのお店を探す


新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.