幸せな美味に出会える素敵な“温故知新”体験 | 美味案内

美味案内へ
神保町・御茶ノ水メイン画像
神保町・御茶ノ水メイン画像
神保町・御茶ノ水 ♯01

幸せな美味に出会える素敵な“温故知新”体験

創建730年の『神田明神』、江戸時代から続く甘味処、明治創業の古書店、震災を逃れたレトロな建造物・・・。そんな歴史的な面影を残す一方で、大型施設『WATERRAS(ワテラス)』が誕生するなど新旧が渾然一体となった東京の中心地『神保町・御茶ノ水』。温故知新の美味を体験しに、お出かけしましょう。

>>神保町・御茶ノ水エリアのほかの記事を見る

4年ぶりに復活する神田明神祭礼「神田祭」。
『神田明神』の創建は天平2(730)年。都内で最も古い神社のひとつです。そして「神田祭」は、「山王祭(日枝神社)」、「深川祭(富岡八幡宮)」と並ぶ江戸三大祭のひとつ。同時に「祇園祭(八坂神社)」、「天神祭(大阪天満宮)」と並ぶ日本三大祭のひとつでもあります。

見どころは、やっぱり「神輿行列」。威勢よく担がれた神輿と、300メートルにもおよぶ約2000人の行列が、神田、秋葉原、大手・丸の内、日本橋…を練り歩きます。移動距離にして約30キロ! しかも1日で回るというからスゴイですよね。

その『神田明神』のお膝元で、江戸時代からお店を構えているのが『 天野屋』。創業当時からある地中深くの「室(むろ)」では、いまも変わらぬ手法のまま糀が作られています。

【A】天野屋

天野屋

創業1846年の老舗店。趣のある建物は千代田区の有名文化財にも指定されているそう。一番の自慢は江戸時代から所有する地下6メートルの「室」。細心の注意を払いながら糀菌で米を発酵させ、創業当時はドブロクを、現在は甘酒を、『神田明神』の参拝者へ提供してくれる。「時代の流れは速くなっても、発酵のスピードは江戸時代のままです。だからのんびりやっています」とは6代目の天野亀太郎氏。いつまでも変わらない良さを、いまに伝えるお店だ。

>>「天野屋」への行き方など詳細情報は…

【A】天野屋
「冷し甘酒」450円。もともと甘酒は夏の飲み物。栄養も豊富なので体力回復、夏バテ予防として飲まれていたそう。「あんみつ」550円も定番の人気メニュー。カーボン(エジソン)電球の温かい光に照らされた年代モノの装飾品を眺めていると、タイムスリップしたかのような錯覚さえ覚える空間だ
【A】天野屋
【A】天野屋

【住所】千代田区外神田2-18-15
【電話番号】03-3251-7911

反対に、新たな商業施設も2013年4月に誕生。
その名は『WATERRAS(ワテラス)』。高さ約165メートルの「ワテラスタワー」と「ワテラスアネックス」の2棟を含む敷地には、飲食店、オフィス、レジデンス、アトリウム、コミュニティ施設、スーパーマーケット、学生マンション、公園などが設けられています。

コンセプトは「古き良き伝統を受け継ぎ、新しいコミュニティが生まれる街へ」。近年、神田淡路町界隈は人口が激減し、小学校2校が統合するほどに。そこで神田らしい情緒を維持しながら、地域交流の促進・支援を創造していくことを目的として創られました。

そこにオープンしたお店が『cafe 104.5(カフェ イチマルヨンゴー)』ニューヨークに本店を持つ名門ジャズクラブ『ブルーノート東京』が初めて手掛けるカフェ&エピスリーです。

【B】cafe 104.5

cafe 104.5

「ライブでしか生まれない、その瞬間の雰囲気の大切さを食で表現したい」と語るのは、フランスの3つ星『ラ・コートドール』や『アディング・ブルー』、『resonance』でシェフを務めた長澤宜久氏。注目すべきは彼の提案するスタイル。山古志牛を始めとする貴重な食材をシャルキュトリーに仕上げ、また野菜、魚介、肉の調理方法を「鉄焼き」「オーブン焼き」でチョイスできる。ランチ、カフェ、ディナー、週末ブランチ、そしてエピスリーまで幅広く楽しめる新感覚のカフェだ。

>>「cafe 104.5」への行き方など詳細情報は…

【B】cafe 104.5
写真はディナーの一例。調理法と食材の組み合わせを自由にアレンジでき、テーブルにはレモン・ローズマリー・ペッパーを漬け込んだ特製オリーブオイルなども用意。「ちからカレーうどん」980円など多彩なメニューも揃う。ゆったりした空間には心地良いジャズが流れ、週末にはイベントなども開催。
【B】cafe 104.5
【B】cafe 104.5

【住所】千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー2F
【電話番号】03-3251-1045

また温故知新を語るうえでハズせないのが古本屋さん。
そもそも、なぜこの街に書店が多いのかご存知ですか? 理由は大学生。明治初期に揃って創設された明治大学、中央大学、日本大学、専修大学に通う多くの学生のために、専門書や教科書を販売する古書店と新書店が増えていったそうです。

さらに大手出版社や印刷会社が軒を連ねたことで、いまのような「本の街」が形成されたとのこと。ちなみに楽器店やスキー用品店が多いのも、理由は大学生が多いからだそうです。

最後にご紹介するお店は、出版関係の人たちがこぞって訪れるという『アンチヘブリンガン』。店内には出版社から献本された新刊本がずらり。もちろん閲覧も可能です。

【C】アンチヘブリンガン

アンチヘブリンガン

アンティーク調で統一されたお洒落なお店は一見カフェのようだが、扉には「食堂」の文字。メニューも、パスタ、アヒージョ、カスレ、オムレツ…とジャンルはさまざま。「家内と息子の三人で営むこのお気に入りの空間で、どこにもカテゴライズされず、好きな料理を提供し続けていきたい」とはオーナーシェフの大久保紀一郎氏。地元はもちろん遠方から訪れる人は、この懐かしい雰囲気と気さくな人柄、そしておいしい料理とワインの虜になってしまっているのだろう。

>>「アンチヘブリンガン」への行き方など詳細情報は…

【C】アンチヘブリンガン
「パスタ/春菊のペースト」1200円。クルミとカシューナッツの香ばしい風味がアクセントに。「前菜三点盛」900円は「レンズ豆とスペルト小麦」「ニンジンのサラダ」「マスタードレンコン」をチョイス。店内の黒板には、絵本「オオカミがとぶひ」の著者・ミロコマチコさんの直筆イラストが描かれている。
【C】アンチヘブリンガン
【C】アンチヘブリンガン

【住所】千代田区猿楽町2-7-11 ハマダビルヂング2F
【電話番号】03-5280-6678

温故知新とは「古きを温めて、新しきを知る」という意味。新旧が渾然一体となった街だからこそ、その美味を体験することができます。

今度の週末にでも、自分だけの“美味”を探しに、お出かけしてみてはいかがでしょう。



神保町・御茶ノ水エリアのほかのお店を探す

素敵な“温故知新” リスト

レンガ造りが懐かしいレトロなタンゴ喫茶
1953年創業の老舗店。クラシカルな雰囲気の店内には心地良いタンゴ・ミュージックが流れ、訪れる人たちを静かな時間へと誘ってくれる。こだわりの炭火焙煎コーヒーを始め、世界各国のビールを味わいながら、大人の世界を満喫したい。
【住所】千代田区神田神保町1-3
【電話番号】03-3295-1716
【定休日】無休(お盆、年末年始休)
【営業時間】10:30~22:30/土日祝11:30~19:00
地図・ルート案内はこちら

ミロンガ・ヌオーバ

ノスタルジックなスパイスと伝統フレンチ
2012年にオープンしたお店ながら、一歩足を踏み入れると、そこは「どこか懐かしさを感じる」レトロモダンな心和む空間。ワインをメインに世界中から取り寄せた洋酒とともに、香草やスパイスの効いたメニューを楽しめる。
【住所】千代田区神田神保町1-35
【電話番号】03-5217-3355
【定休日】日祝
【営業時間】17:00~23:30/土16:00~23:00
地図・ルート案内はこちら

Bal Marrakech(バル マラケシュ)

60年以上継ぎ足す秘伝のたれが自慢の鰻
創業は戦後すぐの1946年。現在は三代で営む。身がしまり、脂ののった国産鰻の旨みを最大限に引き出すたれは、甘すぎないところが特徴。ほかにも、わさび醤油でいただく白焼きなど豊富にメニューを取り揃える。
【住所】千代田区神田神保町2-13-2 神保町SFビル1F
【電話番号】03-3221-6776
【定休日】日祝
【営業時間】11:30~(L.O.14:30)、17:00~(L.O.20:30)/土11:30~14:30
地図・ルート案内はこちら

30種類のこだわりクラフトビールを気軽に
神保町のさくら通りに2012年オープン。職人技の生きる個性豊かなクラフトビールをスタイリッシュなインテリアのなかで楽しむことができる。人気メニューの「丸ごとローストチキン」をいただきながら飲み比べをしてみては。
【住所】千代田区神田神保町2-11-15 住友商事神保町ビル1F
【電話番号】03-6272-5652
【定休日】日祝
【営業時間】11:30~14:00(L.O.13:30)、17:00~23:30(L.O.23:00)/土17:00~23:30
地図・ルート案内はこちら

CRAFT BEER MARKET 神保町店
【H】

山の上ホテル ワイン&レストラン アビアントー

閉店

ワインとともに心落ち着く時間を満喫
1954年創業の『山の上ホテル』。ローズウッドの重厚な壁が印象的なクラシカルな空間でいただくメニューは、ワインにぴったりのフレンチと和食の2種。好みに合わせてチョイスできるのがうれしい。
【住所】千代田区神田駿河台1-1
【電話番号】03-3293-2836
【定休日】無休
【営業時間】7:00~10:30、11:00~15:00、17:00~(L.O.21:00)/土日祝7:00~10:30、11:00~(L.O.21:00)

山の上ホテル ワイン&レストラン アビアントー

撮影:横川雄  取材・文:平林善行(編集部)
このページのデータは2013年4月30日現在のものです。



御茶ノ水・神保町エリアのおすすめ記事
神保町・御茶ノ水 ♯04

サラリーマンやOLのお腹を日々満たしてくれる神保町・御茶ノ水界隈の飲食店。話題の新店が増えていく一方で、昔ながらの老舗店も数多く健在。なかでも元祖とも言える安価でボリューム満点のグルメ洋食は、この街ならではの人気メニュー。どこか懐かしくて、どこか新しい、魅惑の味わいを楽しみましょう。

神保町・御茶ノ水 ♯03

「神保町グルメ」というと、どこのお店を思い浮かべますか。行列のできる洋食屋? 評判のラーメン店? こだわりのカレー店? でも、その一方で「いつも同じお店へ行っているかも…」なんて声もよく耳にします。そこで今回は、みなさんが新たに通いたくなる新定番をご紹介。どこが登場するか、乞うご期待!

神保町・御茶ノ水 ♯02

神保町といえば…古書の街、そして定番グルメの「カレー」。欧風カレーから、インドカレー、洋食屋のカレーなど、多種多様なカレーの店が軒を連ねています。おいしくなければ生き残ることができない激戦区で、まずはぜひ食べておきたいカレーをご紹介します。



神保町・御茶ノ水エリアのほかのお店を探す


新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.