おいしさカロリーオーバー!? ランチも◎!人気グルメ洋食 | 美味案内

美味案内へ
神保町・御茶ノ水メイン画像
神保町・御茶ノ水メイン画像
神保町・御茶ノ水 ♯04

おいしさカロリーオーバー!? ランチも◎人気グルメ洋食店

サラリーマンやOLのお腹を日々満たしてくれる神保町・御茶ノ水界隈の飲食店。話題の新店が増えていく一方で、昔ながらの老舗店も数多く健在。なかでも元祖とも言える安価でボリューム満点のグルメ洋食は、この街ならではの人気メニュー。どこか懐かしくて、どこか新しい、魅惑の味わいを楽しみましょう。

>>神保町・御茶ノ水エリアのほかの記事を見る

ハイブリッドスイーツという言葉が生まれて久しい昨今。複数の味わいをひとつにまとめた新商品が、次々登場しています。「でもそれって、昔からあったような…」と感じたアナタは鋭い!

しょうが焼きをおかずにカレーを食べたり、牛肉炒めの付け合わせがスパゲティだったり、ハンバーグ・コロッケ・フライが同じお皿にのっていたり…。掛け合わせではないけれど、複数のメニューを一度に楽しめる点は同じ。そして、そんなハイブリッド感覚のグルメって、実は意外と好きだったりしませんか?

最初に訪れたお店は「早い、旨い、安い」という、どこかで聞いたことのあるようなキャッチフレーズがコンセプトの『ボーイズカレー』。…とはいえ、カレー激戦区の神保町で30年以上続いている有名老舗店でもあります。

【A】ボーイズカレー

ボーイズカレー

「最近はカレーよりも、しょうが焼きのほうが有名みたい」と笑顔で話す店主。洋食の世界で腕を磨き、この地で独立したのが30年前。当時からほとんど変えていないというインテリアは、カウンター17席のみのストイックなスタイル。そのためスピードも要求され「サッと食べて、サッと帰りたい人がほとんど。だから男性客が多いです」。インド風でも欧風でもない、昔懐かしい日本風カレーと、洋食の経験があるからこその美味なるハンバーグ&しょうが焼きの競演をぜひ。

>>「ボーイズカレー」への行き方など詳細情報は…

【A】ボーイズカレー
人気の「カレー付きしょうが焼き」(990円)と、左下は「カレー付きハンバーグ」(890円)。あっという間に作り上げるスピードに驚かされる。子どもの頃に大好きだった「カレー」「ハンバーグ」「スパゲティ」の組み合わせ…大人になった今も嬉しい洋食メニュー
【A】eggcellent
【A】ボーイズカレー

【住所】千代田区神田神保町2-4
【電話番号】03-3263-1898

もともと神保町・御茶ノ水界隈には、ボリューミーなメニューを揃えるお店がたくさんあって、その昔から多くの大学生が足繁く通っていたと言われています。「自分もよく食べに行ったなー」という人もいるのでは?

特に世代を渡って営業している老舗店には「祖父にすすめられて…」という来店者も少なくないそう。歴史あるお店だからこその、ほのぼのするエピソードですね。

次に訪れたお店は、昭和25年創業の『キッチンカロリー』。ネーミングからして、すでにボリューム満点の料理をイメージさせる洋食店です。かつては明治大学生だった宇崎竜童さんも常連客だったそう。

【B】キッチンカロリー

キッチンカロリー

時代に合わせて少しずつメニューは変えるものの、価格や基本的なスタイルは創業当時のまま。「近年は安心・安全な料理を提供するため、国産有機野菜や国産有精卵などを使っています。なので今は、質と量を追っている感じ…正直厳しいです」と笑顔で話す店長。料理はすべて店内で手づくり。現在はフランス修業帰りの3代目シェフも加わり、フレンチを取り入れたメニューやパーティープランの設定など、試行錯誤を繰り返しているそう。今後の展開に目が離せない一軒だ。

>>「キッチンカロリー」への行き方など詳細情報は…

【Bキッチンカロリー
60年以上続く不動の人気メニュー「カロリー焼き」(680円)。スパゲティの上に、ニンニクをきかせた牛肉の細切り、オニオン和風炒めをON。これに白米と味噌汁(平日のみ)が付くひと品。もちろんトッピングもいろいろ楽しめる。また年に2回ほどのペースで宇崎竜童さんのソロライブも店内で実施。興味のある方は公式サイトで
【B】天のや
【B】キッチンカロリーや

【住所】千代田区神田小川町3-10 江本ビル1F
【電話番号】03-3291-3266

洋食といっても、ハンバーグ、コロッケ、フライ、メンチなど種類もいろいろ。どれを食べようか迷ったあげく、「やっぱり、ほかのメニューにすれば良かった…」なんて経験ありませんか?

どうせ食べるなら、すべてとは言わないまでも、2~3品は味わいたいもの。そんな欲張りの人にこそ、神保町・御茶ノ水界隈の飲食店はピッタリ。希望を叶えてくれるお店がたくさんあります。

最後に訪れたお店は、昭和39年創業の洋食店『キッチンジロー』。こちらの「おすすめバリュー」メニューなら、ハンバーグ、コロッケ、メンチかつなどの組み合わせを月替わりでリーズナブルに楽しめます。

【C】キッチンジロー 南神保町店

キッチンジロー 南神保町店

「看板メニューはハンバーグとメンチかつ。でも隠れた人気商品はスタミナ焼き。もともと“まかないメニュー”だったのですが、いつしか定番になって」と笑顔で話す店長。ファミリーレストランを思わせる広い店内には、ひとり用のテーブルを数多く配置。スピーディーに食事をしたい人から、グループ客まで、レイアウトを少しずつ変えながら対応できるようにしているという。学生、会社員、ファミリー層など、たくさんのリピーターに愛されているからこその配慮が嬉しい。

>>「キッチンジロー 南神保町店」への行き方など詳細情報は…

【C】キッチンジロー 南神保町店
人気の「おすすめバリュー」は月替わり。この日は「海老フライ&ハンバーグ&帆立ミルクコロッケ」940円。もちろんライス、スープ付き。左下はグランドメニュー「メンチかつ&スタミナ焼き」930円。そのほかにも、リピーターがいつでも楽しめるように「季節限定メニュー」など、ほぼひと月ごとに新しい料理もラインアップする
【C】キッチンジロー 南神保町店
【C】キッチンジロー 南神保町店

【住所】千代田区神田神保町1-19 ベラージュおとわ1F
【電話番号】03-3293-7600

「メガ」や「ジャンク」といった言葉で一括りにされてしまいがちな神保町・御茶ノ水界隈の「グルメ洋食店」。でも実はおいしさ自慢の本格メニューを楽しめる名店がいっぱいあるのです。

「昔は通っていたけど、今は足が遠のいてしまって」という人はもちろん、これまでまったく食べたことの無い人も、ぜひこの機会に足を運んで楽しんでみてください。どこか懐かしくて、どこか新しい、魅惑の味わいのトリコになるはずですから。



神保町・御茶ノ水エリアのほかのお店を探す

人気グルメ洋食店 リスト

言わずと知れた神保町の老舗洋食店
リーズナブルな価格とボリュームから、毎日のように行列ができるお店。創業は1966年。メディアでたびたび取り上げられているので見たことのある人も多いのでは。人気は「カレー」を始め、全てのメニューが名物といえるほど。一度は足を運んでみるべし。

【住所】千代田区神田神保町1-5
【電話番号】03-3292-0036
【定休日】日祝
【営業時間】11:15~16:00、17:00~20:00
地図・ルート案内はこちら

神保町 キッチン南海”

神保町の洋食文化をけん引する老舗店
創業明治42年。開業当時からビールを提供していたハイカラなお店には、多くの文豪も足繁く通っていたという。初代のレシピを守り続けているハヤシライスはもちろん、ハンバーグ&フライといった組み合わせが楽しめる日替わりランチもおすすめ。

【住所】千代田区神田神保町1-6-2
【電話番号】03-3233-0866
【定休日】日祝
【営業時間】11:30~22:00(L.O.21:30)
地図・ルート案内はこちら

ビヤホール ランチョン

昔ながらのレトロな「洋食屋さん」
『お茶の水ワテラス』界隈に通っている人なら一度は訪れたことがあるであろう人気店。ステーキ専用グリラーで焼き上げる本格ステーキを始め、じっくり煮込んだ自家製カレーに、ジューシーな手ごねハンバーグをのせたメニューなど、自慢のひと品がたくさん。

【住所】千代田区神田淡路町2-105 ワテラス3F
【電話番号】03-3253-3870
【定休日】無休
【営業時間】11:30~14:30(L.O.14:00)、17:00~22:00(L.O.21:30)/土日祝11:30~22:00(L.O.21:30)
地図・ルート案内はこちら

フジオ軒 お茶の水ワテラス店

女性ならではの家庭的な味わい
カウンター10席のみの小さな空間ながら、背面がガラス張りなので明るく開放的。ブイヨンとスパイスをたっぷり使ったカレーは、元気が出てくるやさしいテイスト。イチオシは「オムカレー」。とろとろの半熟卵とカレーの程よいバランスがマイルドな味わいに。

【住所】千代田区神田神保町3-6-6 九段武蔵ビル1F
【電話番号】03-3239-3557
【定休日】土日祝
【営業時間】9:30~18:00
地図・ルート案内はこちら

サフラン





撮影:鈴木智哉  取材・文:平林善行(編集部)
このページのデータ2015年4月24日現在のものです。



御茶ノ水・神保町エリアのおすすめ記事
神保町・御茶ノ水 ♯03

「神保町グルメ」というと、どこのお店を思い浮かべますか。行列のできる洋食屋? 評判のラーメン店? こだわりのカレー店? でも、その一方で「いつも同じお店へ行っているかも…」なんて声もよく耳にします。そこで今回は、みなさんが新たに通いたくなる新定番をご紹介。どこが登場するか、乞うご期待!

神保町・御茶ノ水 ♯02

神保町といえば…古書の街、そして定番グルメの「カレー」。欧風カレーから、インドカレー、洋食屋のカレーなど、多種多様なカレーの店が軒を連ねています。おいしくなければ生き残ることができない激戦区で、まずはぜひ食べておきたいカレーをご紹介します。

神保町・御茶ノ水 #01

創建730年の『神田明神』、江戸時代から続く甘味処、明治創業の古書店、震災を逃れたレトロな建造物…。そんな歴史的な面影を残す一方で、大型施設『WATERRAS(ワテラス)』が誕生するなど新旧が渾然一体となった東京の中心地『神保町・御茶ノ水』。温故知新の美味を体験しに、お出かけしましょう。



神保町・御茶ノ水エリアのほかのお店を探す


新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.