幻想的な夜に楽しむ デート&女子会レストラン | 美味案内

美味案内へ
中目黒メイン画像
中目黒メイン画像
中目黒 ♯04

幻想的な夜に楽しむ デート&女子会レストラン

イルミネーションが美しく煌めく季節になりました。さまざまなイルミネーションスポットが登場していますが、今年初の試み、中目黒の目黒川沿いを青く彩る『青の洞窟』も見逃せません。おいしくて手頃なお店が多い街なので、デートでも女子会でも大人が過ごすのにぴったり。幻想的な夜に美食と美酒を堪能しましょう。

>>中目黒エリアのほかの記事を見る

中目黒 大人の美食MAP
中目黒 大人の美食MAP

>中目黒エリアのほかのお店を探す

ダイニングカフェやピッツェリア、ワインバルなどオシャレなお店の多い中目黒。とはいえ、商店街には下町風情の漂う居酒屋や立ち飲みが並び、そのミスマッチも楽しく感じられます。

この街の人気店の条件は、味はもちろん、雰囲気も良く、コストパフォーマンスのいいお店であること!自分の好みも分かってきた30代以上の女性たちが足繁く通うお店は、いずれ劣らぬ名店ばかり。週に2~3回通ってもお財布に優しいのは嬉しい限り。今年は『青の洞窟』と名付けられた目黒川沿いのイルミネーションも始まり、注目も集まっています。幻想的な青の世界を眺めた後、女子会やデートで利用したいお店をご紹介します。

まずは、目黒川沿いに佇むワイン食堂『MARZAC7(マルザック セブン)』へ。青い光に包まれながら、料理とワインに舌鼓を打ちましょう。

【A】MARZAC7

MARZAC7

店名の“7”は、1週間=7日間、毎日でも通いたくなるお店に、という意味。軽く一杯からしっかり食事まで、使い勝手の良さで人気の一軒だ。豊富な黒板メニューは、ほぼ日替わり。フレンチベースのビストロ料理から、家庭料理まで幅広いラインアップの中で、絶対に食べたいのが看板の「炭焼きコンフィ」。コンフィにした肉や魚を炭火で焼いているので、外は香ばしく、中はしっとりとした質感に仕上がっている。バラエティー豊かに揃うワインとともに楽しい夜を。

>>「MARZAC7」への行き方など詳細情報は…

【A】MARZAC7
定番の「トンテキ(小)」1,000円。ふっくらとした食感と豚肉の甘みが特徴。芳ばしさと濃厚さがクセになる「ゴルゴンゾーラチーズのグラタン ドゥフィノワーズ」950円を始め、料理はどれもボリュームたっぷり。しっかりした味付けなので、ワインが止まらない!
【A】MARZAC7
【A】MARZAC 7

【住所】目黒区上目黒1-14-5
【電話番号】03-5459-6029

2階席から見下ろすのも、1階の窓際から眺めるのもオススメですが、一番人気はオープンキッチンに面したカウンター。ライブ感あふれる厨房を見ていると、ついオーダーを重ねてしまいそう。“洒落気より食い気”なプチ女子会にはぴったりです。

目黒川からは少し離れて、駅に程近いエリアへ。居酒屋や蕎麦屋などに混ざって、バルも増えてきました。そのひとつ『港町バル』は、白ワインと魚介料理を楽しめる一軒。女性客が多い中目黒のバルにあって、男性客からも人気の一軒です。

【B】港町バル

港町バル

ベネチアの街角に佇むバルをイメージ。こぢんまりとした店内は、温かな空気で満たされている。料理は、三陸の漁港から毎日届く鮮度抜群の魚介をイタリアンベースで調理。その日の仕入れによってメニューを組み立てるので、ほぼ日替わりだ。なかでも看板メニューのブランド牡蠣『新昌』は、特別な方法で養殖・運送、さらにヴァポーレ(低温蒸し)することで、生臭さがなく、よりふっくらとした食感に仕上がる。グラスワインは700円~、ボトルワインは3500~4000円とリーズナブル。

>>「港町バル」への行き方など詳細情報は…

【B】港町バル
65度の低温で30~40分かけてじっくりと牡蠣に火を入れる『新昌』の「ヴァポーレ」(1P 390円、4P 1200円)。ミルキーでコクのある味わいに思わずうっとり。ボリュームたっぷり「漁師風バーニャカウダ―」は、イカの肝を使った特製ソースをつけていただこう
【B】港町バル
【B】港町バル

【住所】目黒区上目黒3-7-8 世拡ビル1F
【電話番号】03-3713-8081

三陸の魚介を使用するのは、良質な食材だというのはもちろん、震災以降の東北を応援するという意味もある。まさしく「食べて応援する」のは、大人の流儀ですよね。

もう少し歩いてやや閑静なエリアへ。もう少し歩いてやや閑静なエリアへ。人気のパン屋『トラスパレンテ』のあるビル3階に、今年4月にオープンした『ルボクール』は、まさに隠れ家的な名店。一流ホテルや現地でキャリアを積んできたシェフが腕を振るうのは、フレンチとイタリアンそれぞれの“いいとこ取り”な料理ばかりです。

【C】ルボクール

ルボクール閉店

開放感あふれる大きな窓と、シャンデリアが印象的な優雅な空間。できるだけ国産食材を用い、素材を生かすように料理をするという岩見シェフ。それだけに食材をしっかりと見極めてからメニューやソースを決めるという徹底ぶり。手間を惜しまず、丁寧に作り上げる。一軒でフレンチとイタリアンをいただけるのも特徴だ。さらにフランスのオーガニックワインや、イタリアの地産ワインを揃え、料理との相性を考えて提供。ゆったりと語らいたい大人の夜にはぜひ。

【C】ルボクール
看板料理のひとつ「カルパッチョ」。この日は「真鯛のカルパッチョ ロトロ風」1000円。ロトロとはイタリア語で「巻く」という意味で、真鯛とディル、特製クリームソースをプロシュートで巻き、バルサミコのソースをあしらった一品。ジビエ好きは「蝦夷鹿のロースト」2200円をどうぞ
【C】ルボクール
【C】ルボクール

【住所】目黒区上目黒2-44-24 COMS中目黒 3F
【電話番号】03-6303-2314

ランチで大人気の一軒ですが、せっかくならディナー使いを。ワイン飲み放題の付いたコースがなんと5000円というリーズナブルさ。デートで男性がさりげなくエスコートすれば、株が上がること間違いなし!

目黒川沿いの木々に灯された青い光たち。川面に反射してキラキラと幻想的な雰囲気に包まれています。空気が冷たく澄んだ冬だからこそ、より一層美しい風景を演出してくれます。食通たちがこっそり通い詰める中目黒で、美食と美酒とともに楽しみましょう。



中目黒エリアのほかのお店を探す

中目黒 美食の店リスト
【D】

paris食堂 EPICES 閉店


スパイスのきいたモロッコテイストの料理
カラフルなタイルをあしらった温もり溢れるかわいらしいビストロ。スパイスを駆使したモロッコ風の料理や香り豊かなフレンチを手軽に楽しめる。寒い季節にぴったりのココットやタジン鍋の煮込み料理は外せない。
【住所】目黒区青葉台1-17-2 青葉台117ビル2F
【電話番号】03-3464-3329
【定休日】無休
【営業時間】18:00~24:00/日祝12:00~15:00、18:00~24:00

paris食堂 EPICES
【E】

Crab House Eni (クラブハウス エニ)


エビ、カニ、牡蠣の旨味を食べつくす!!
エビとカニやオイスターをメインにしたシーフード専門店。まるごと一匹を使用するオマールエビを始め上質なシーフードを惜しげもなくたっぷりと使う。お手頃価格のワインとともに楽しもう。
【住所】目黒区上目黒1-12-15
【電話番号】03-5428-8238
【定休日】無休
【営業時間】11:30~15:00、18:00~翌1:00

Crab House Eni

目黒川を見下せるスパニッシュイタリアン
イタリアで腕を磨いたシェフが作る本格イタリアンと創作スパニッシュのお店。厳選した国産肉、野菜や魚介を使った料理の数々は、旬のおいしさを堪能できる。天井が高く開放感たっぷりの店内で楽しい時間を。
【住所】目黒区上目黒1-26-1 中目黒アトラスタワー アネックス3F
【電話番号】03-6303-4705
【定休日】無休
【営業時間】11:30~15:00、18:00~24:00/土日祝11:30~15:00、17:00~24:00
地図・ルート案内はこちら

Malkovich
【G】

Five Star Cafe 五星鶏飯


現地の味を再現したシンガポール料理
築45年の町工場を改装し、シンガポールの食堂を再現。閑静な住宅街にひっそりと佇んでいる。オーナーの料理はシンガポール大使館のお墨付き。なかでも、看板メニュー「海南チキンライス」は絶品!
【住所】目黒区上目黒3-12-4 1F【電話番号】03-3760-7028
【定休日】日
【営業時間】11:30~(L.O.15:00)、17:30~23:00(L.O.22:30)

Five Star Cafe 五星鶏飯
【H】

ピッツェリア・トラットリア・バール サルヴァトーレ

閉店

四季を感じられる老舗のピッツェリア
ピッツェリア激戦区にある老舗の名店。パニーニやジェラートを用意する1階はバール、明るい陽射しが差し込む2階はトラットリア・ピッツェリア。ナポリの職人が手掛けた薪窯で焼き上げるピッツァを堪能しよう。
【住所】目黒区上目黒1-22-4 勧業ビル
【電話番号】03-3719-3680
【定休日】火
【営業時間】11:00~23:00 ※2Fは11:30~14:30(L.O)、18:00~22:00(L.O)

ピッツェリア・トラットリア・バール サルヴァトーレ

■『Nakameguro青の洞窟』


冬の目黒川に『青の洞窟』をイメージしたイルミネーションが初登場。木々に灯された40万球のLED電球の青い光が水面に映り込み、目黒川一帯を美しい青へ染める。
【アクセス】東急東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒駅」下車すぐ
【場所】目黒川沿い 往復約1Km(宝来橋~朝日橋エリア)
【点灯時間】平日17:00~21:00
【点灯期間】12月25日(木)まで
※13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日)、23日(火・祝)の点灯は中止
【オフィシャルサイト】http://nakameguro-aonodokutsu.jp/

青の洞窟

撮影:鈴木智哉  取材・文:伊勢嶋暢子(編集部)
このページのデータは2014年12 月5日現在のものです。


※12月はお店によって予約が必要な場合もございます。予めご了承ください。



中目黒エリアのおすすめ記事
中目黒
この街のおいしい手土産

「中目黒」のおいしい手土産

バリ仕込みの本格バゲットサンド、日本一のこだわり卵から作られたプリン、極限までやわらかく仕上げたわらび餅など、中目黒ならではの手土産をご紹介。庶民的な商店街、花見の名所・目黒川、オシャレなショップなどを散策のついでに買いたくなる逸品ばかりです。

中目黒 ♯03

厳しい冬を越え、ようやく春めいてきました。春の訪れといえば、桜。もうすぐお花見シーズン到来です。東京随一の人気を誇るのが、五反田から池尻まで続く目黒川沿いの桜並木。なかでも中目黒は毎年多くの人で賑わいます。美しい桜を見ながら食事やお茶を楽しめる、とっておきのお店を教えましょう。

中目黒 ♯02

都内に数あるスイーツ激戦区の中でも、ここナカメの注目度も急上昇。目黒銀座商店街には、昔なじみの和菓子屋・お煎餅屋がある一方で、新進気鋭のパティスリーから、デザート自慢のカフェまで、どの店もレベルが高い!春の陽気に誘われて、甘い幸せを探しに行きましょう。

中目黒 ♯01

たくさんの飲食店が集まる中目黒。なかでも、目立って多いのがイタリアンやフレンチのお店。しかも、おいしいのはもちろん、値段も手頃で居心地がよく、普段着で気軽に行けるビストロやトラットリアが充実しています。今回は、激戦区の中でもここだけは行っておきたい、本当にお値打ちなお店を厳選!


中目黒エリアのほかのお店を探す


>>美味散歩 TOPへ
新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.