行きたいお店が見つかる

新宿ごはん

辛さがクセになる! やめられない激辛・旨辛料理

いよいよ本格的な夏が到来! 暑くなればなるほど、スパイシーで辛い料理が食べたくなるというもの。世界各国の飲食店が集まる新宿では、さまざまな激辛料理を味わえます。ただ辛いだけではなく旨味もたっぷりな「激辛旨辛料理」をご紹介。汗をかきながら、舌や喉をヒリヒリさせながらも、おいしくて箸が止まらない料理ばかりです。

■「利しり」 <歌舞伎町>

利しり

「オロチョンラーメン」1080円。唐辛子たっぷりの真っ赤なスープは滋味深い味わい

名物「オロチョンラーメン」を始め、ラーメンのスープには贅沢にも赤城のスッポンを使用。かなり大きなラーメン鉢に、たっぷりのピーマンや豚肉、みじん切りのネギをのせた真っ赤なスープが特徴的。辛さは1/4~9倍まで、なんと7段階に設定。唐辛子の辛さがヒリヒリと迫ってくるが、スープに旨味をたっぷりと含んでいるので、味に深みを感じられる。まさに旨辛ラーメン。シンプルでジューシーな「餃子」は、塩と胡椒で味わって。

1969年の創業以来、レシピや調理法は基本的に変わらないが、時代によって調整を重ね、誰もがヤミツキになる味わいを守り続けている。年中無休、朝5時まで営業する、歌舞伎町の名物店だ。

店名:利しり

住所:新宿区歌舞伎町2-27-7 やなぎビル1F

電話番号:03-3200-2951

お店の詳しい情報はこちら

ページTOPへ戻る

■「西新宿ソイナナ」 <西新宿>

ソイナナ

ビールがすすむ「ムー・マナオ」680円。唐辛子の辛さとレモンの酸味が絶妙。辛さは4段階から選べる

タイの中でも激辛として知られるイサーン地方出身のシェフ・リヤンさんが腕を振るう人気店。本格派ながら全メニューなんと680円均一!味付けは本場と同じ、辛さだけを日本人向けに調節することができる。たっぷりの唐辛子やハーブを使うのが特徴だ。

豚トロのピリ辛レモンソースかけ「ムー・マナオ」は、サクサクした豚肉に唐辛子やニンニクがきいたスパイシーな辛さ。「トム・セップ・ヌア・トゥン」は、牛スジと野菜を柔らかく煮込んだ辛口スープ。口の中にブワッと辛さが広がるが、レモングラスなどのハーブの爽やかさで中和され、後には牛スジの旨味がじんわりと残る。暑い日にはたまらない味付け。

店名:西新宿ソイナナ

住所:新宿区西新宿7-19-18 セードル新宿ハイツ 104B

電話番号:03-3363-0890

お店の詳しい情報はこちら

ページTOPへ戻る

■「湖南菜館」 <歌舞伎町>

湖南菜館

見るからに辛そうな「刹椒魚頭」1980円。湖南料理を代表する一品

歌舞伎町の案内人として知られる李小牧氏プロデュースの名店。中国料理のなかでも辛味と酸味を併せ持つ湖南料理専門店。唐辛子と辣油がきいていて、胃の中が熱くなるほどの辛さと酸味が特徴。しかし、辛いだけではない、深い味わいは必食。

湖南料理を代表する「刹椒魚頭」は、鯛の頭とパプリカに唐辛子のみじん切りをたっぷりとのせて蒸し上げた料理。真っ赤な「口水鶏(よだれ鶏)」は、辣油のダイレクトな辛さが痛快なひと皿。ゴマの甘味と、湖南料理ならではの酸味がバランスよく、女性人気も高い。もちろん、辛さ控えめの料理もあるので、いろいろと尋ねてみて。

店名:湖南菜館

住所:新宿区歌舞伎町1-23-13 第一大滝ビル4F

電話番号:03-3207-8288

お店の詳しい情報はこちら

ページTOPへ戻る

>>新宿ごはんTOPへ戻る

>>おすすめ記事一覧を見る

関連する記事

エスニックの聖地、歌舞伎町で味わう!本格タイ料理のお店

エスニックの聖地、歌舞伎町で味わう!本格タイ料理のお店

居心地の良さ抜群!新宿の癒しカフェ

居心地の良さ抜群!新宿の癒しカフェ

人気店から新店まで!今どきイタリアンのおいしい楽しみ方

人気店から新店まで!今どきイタリアンのおいしい楽しみ方

人気検索キーワード