思い出横丁・2丁目・ゴールデン街… ディープな夜を探検 | 美味案内

美味案内へ
新宿メイン画像
新宿メイン画像
新宿 ♯01

思い出横丁・2丁目・ゴールデン街… ディープな夜を探検

眠らない街・歌舞伎町に、昭和のムードが立ちこめるゴールデン街や思い出横丁、日本一のゲイタウン・新宿2丁目…新宿の夜はとっても濃くて刺激的。でも、そんな妖しげなエリアこそ、なぜか心魅かれてしまうもの。今回はちょっとドキドキしつつ、ディープな新宿の夜を散策してみたいと思います。



新宿ディープなお店MAP
新宿ディープMAP

眠らない街・歌舞伎町に、昭和のムードが立ちこめるゴールデン街や思い出横丁、日本一のゲイタウン・新宿2丁目…新宿の夜はとっても濃くて刺激的。でも、そんな妖しげなエリアこそ、なぜか心魅かれてしまうもの。今回はちょっとドキドキしつつ、ディープな新宿の夜を散策してみたいと思います。

きらびやかなネオンが輝く、夜の新宿。靖国通りにはホストがたむろし、出勤前のキャバ嬢が足早に歌舞伎町へと消えていく…。何かとギラギラしたイメージがつきまとうこの界隈ですが、そんな猥雑さがこの街の魅力であることも事実。今回は、新宿夜遊び初心者でも安心(?)して楽しめる、ちょっとディープなエリアを巡ってみましょう。

まず腹ごしらえに訪れたのは、上海料理の隠れた名店として有名な、歌舞伎町の『上海小吃(シャンハイシャオツー)』。映画「不夜城」のロケ地にもなった、いかにも妖しげな路地の奥には、まさにアジアの喧騒が広がっています。

【A】上海小吃(シャンハイシャオツー)

上海小吃(シャンハイシャオツー)

壁にびっしり貼られたメニューに、激しく飛び交う中国語、鼻をくすぐるお香の匂い。店内はまるで中国の路地裏にある食堂のよう。料理は日本人向けにアレンジせず、なるべく現地のままの味を再現。600種類を越えるメニューから何を選ぼうか迷ったら、お店のママ・玲子さんにおすすめを尋ねてみて。開店した‘92年当初は客のほとんどが中国人だったが、クチコミで日本人の間にもその評判が広まり、いまでは知る人ぞ知る人気店に。味はもちろん、この雑多な雰囲気にハマって通うファンも多い。

【A】上海小吃(シャンハイシャオツー)
手前から時計回りに、冬限定の「酔っぱらい上海蟹」1200円(小800円)。「茎レタス」1500円。「スペアリブの甘酢煮」1000円。「揚げパン」600円(小400円)。「豆腐の細切り」800円。サソリやカエル、アヒルの血を固めたものなど、珍しい食材を使った料理にも挑戦してみて!
【A】上海小吃(シャンハイシャオツー)
【A】上海小吃(シャンハイシャオツー)

【住所】新宿区歌舞伎町1-3-10
【電話番号】03-3232-5909

>>このエリアのほかのお店を探す

「店がオープンして10年以上、この路地から歌舞伎町を見てきたよ」と話す玲子ママ。東京都の浄化作戦やコマ劇場の閉館などの影響もあってか、ここ数年で街の様子も変わったといいます。

次に訪れたのは、歌舞伎町と花園神社の間にある飲食店街“新宿ゴールデン街”。 現在も細い路地に200軒以上もの店が営まれるこの街の歴史は、戦後、新宿駅東口にあったヤミ市がこの地に移動したことに遡ります。カウンター中心のこぢんまりとしたお店が多く、いかにも常連さんが多そうな雰囲気に、なんだか敷居が高そう…と緊張してしまいますが、とりあえず、ゴールデン街初心者にも入りやすそうな雰囲気のバー『クリシュナ』にお邪魔しました。

【B】クリシュナ

クリシュナ

赤い壁にエスニックなインテリアがエキゾチックな、インドや中近東をモチーフとしたラウンジバー。ゴールデン街には珍しい広めの店内は、カウンターとテーブル、靴を脱いでくつろげる座敷があり、グループでの来店やゴールデン街デビューの人にもおすすめ。また、ドリンクは100種以上、フードはアジア料理を中心に豊富に揃うのも魅力。フレンドリーなスタッフに、2軒目のお店を聞いてみるのもいいかも。毎週火曜日は21時前後からベリーダンスのショーも開催中。

【B】クリシュナ
スパイスから調合して作る人気メニューの「キーマカレー」950円。奥は「フルーツとくるみのチーズケーキ アイスクリーム添え」500円。カクテルは「シャンボールスパークル」980円。店内にはDJブースもあり、大人数の貸切イベントにも対応。ペット連れの入店もOK
【B】クリシュナ
【B】クリシュナ

【住所】新宿区歌舞伎町1-1-5 パレスビル202
【電話番号】03-5287-2561

>>このエリアのほかのお店を探す

’60~70年代には、作家や映画、演劇関係者といったアクの強い面々が集い、毎夜熱く議論を闘わせる文化人の街として一躍有名になったゴールデン街。その後、再開発の話などで一時は存続の危機も囁かれましたが、ここ数年は若いオーナーによる新しい店が増え、海外のガイドブックにも紹介されたりして、ふたたび注目を集めています。

もっと刺激がほしい!という人は、明治通りを越えて、日本屈指のゲイタウン・新宿2丁目へ行ってみては。ここ数年は2丁目にも、女性やノンケの人でも入れるカジュアルなお店が増え、気軽に足を運べる雰囲気へと変わってきています。

【C】ALAMAS CAFE(アラマスカフェ)

ALAMAS CAFE(アラマスカフェ)

「ゲイもレズビアンも、ストレートの人も、いろんな人が出会えるコミュニティのような場にしていきたい」と話す店長。カフェスタイルの店内は、2丁目が初めての人でも入りやすい雰囲気。入口にあるDJブースでは、DJプレイのほか、ときにはドラァグクイーンが出演するイベントも開催。2丁目カルチャーの発信地的存在にもなっている。週末ともなると、夜が更けるほどに店内は盛り上がり、この街独特の不思議な開放感に包まれてゆく。気さくなお店のスタッフにも積極的に話しかけてみて。

【C】ALAMAS CAFE(アラマスカフェ)
「ニコニコALAMASカレー」600円。8種のスパイスをブレンドした欧風カレー。季節を問わず人気の「モヒート」800円。食事メニューは「グリーンカレー」600円や「トムヤムラーメン」500円などのタイ料理や軽食が揃う
【C】ALAMAS CAFE(アラマスカフェ)
【C】ALAMAS CAFE(アラマスカフェ)

【住所】新宿区新宿2-12-1 ガーネットビル1F
【電話番号】03-6914-9215

>>このエリアのほかのお店を探す

ドラァグクイーンたちのぶっちゃけトークに、堂々と手を繋いで歩く男性カップル。さらに街に点在するゲイグッズのショップ…。そんな刺激的な光景に、つい目と耳が釘付けに。でも、セクシャリティーや嗜好といった社会の常識を笑い飛ばす彼(彼女?)らの姿を見ていると、「人それぞれ生き方や好みが違っても、それも個性のひとつだわ!」と、妙に納得してしまうのが不思議。たまには違った目線で世の中を見てみると、今まで知らなかった新たな世界が開けてきそうな予感。

さて、楽しい時間はあっという間に過ぎて、気付けばすっかり朝に…。ディープな夜遊びの締めくくりには、新宿駅西口のガード脇にある“思い出横丁”で朝食、なんてコースはいかがでしょう。今回ご紹介したお店は、ほんの一部。奥の深~い新宿の夜の魅力を、ぜひ自分の足で探してみてください。自分好みのお店を求めて通ううちに、どんどんその面白さにハマってしまいそうです…。

新宿のディープなお店 リスト

妖しく華麗なニューハーフショーに釘付け!
歌舞伎町で創業25年を迎えるショーパブの老舗。ハイレベルで妖艶なニューハーフショーは迫力満点で、盛り上がること確実。ショータイムの合間はニューハーフやダンサーたちとの会話も楽しめる。
【住所】新宿区歌舞伎町2-25-2 アラオビルB2
【電話番号】03-3205-0128
【定休日】日(年末年始)
【営業時間】18:00~23:30
地図・ルート案内はこちら

黒鳥の湖

連夜マニアックなイベントを開催中
さまざまなジャンルのトークイベントやライブを見ながら、お酒と食事が楽しめる“トークライブ居酒屋”。イベント内容は音楽やお笑いから、政治、風俗、サブカルなど多岐に渡り、連夜マニアックかつ熱いトークで盛り上がる。
【住所】新宿区歌舞伎町1-14-7 林ビルB2
【電話番号】03-3205-6864
【定休日】不定休
【営業時間】イベント内容により異なる
地図・ルート案内はこちら

ロフトプラスワン
【F】

浪漫酒場 kingyo


ママと2匹の金魚が出迎えてくれるバー
ゴールデン街のバーを100軒以上巡ったという店主が‘09年3月にオープン。和とレトロがコンセプトの店内は、少人数でゆったり飲むのにおすすめ。チャージ1000円(おつまみ2品付き)。日本酒や凍結焼酎を使うホッピーが人気。
【住所】新宿区歌舞伎町1-1-6(まねき通り)
【電話番号】090-4954-3713
【定休日】日
【営業時間】18:00~24:00くらい

浪漫酒場 kingyo

新宿2丁目のオアシス的カフェ
新宿2丁目のオアシス的カフェさまざまな客層でいつも賑わうカフェ。フードやスイーツも充実しており、のんびりお茶したり、しっかり食事したりとあらゆるシーンで使える。週末は朝までオープンしているので、2丁目で遊んだ後に立ち寄る人も多い。
【住所】新宿区新宿2-14-6 第1早川屋ビル1F
【電話番号】03-5366-9899
【定休日】不定休
【営業時間】11:00~24:00(L.O.23:15)/金祝前11:00~7:00(L.O.6:15)/土15:00~翌7:00(L.O.翌6:15)/日祝15:00~24:00(L.O.23:15)
地図・ルート案内はこちら

CoCoLo cafe
【H】

つるかめ食堂


横丁の賑わいを眺めつつ昼からまったり
昭和27年から新宿駅西口の思い出横丁で営まれる店。大豆と挽肉、豆腐をキーマカレー風に仕上げた「ソイ丼」500円ほか、多彩なメニューが揃う。定食のほか一品料理も充実しており、昼間から一杯やる客も多い。
【住所】新宿区西新宿1-2-7
【電話番号】03-3343-407
【定休日】水
【営業時間】12:00~(LO23:15)

つるかめ食堂

新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.